WSL

Windows上でLinuxを動作させるWSL(Windows Subsystem for Linux)を入れてみました。

WSLは入れたことはありましたがそれほどさわる機会がありませんでした。

だいぶ前にLinux Boxを構築していたのですが、そのLinux Boxが壊れたために、VMにLinuxを入れて使っていました。

それ自体は問題なかったのですが、VMソフトの更新のたびにその常駐状態のLinuxを止めないといけなくてそれが手間に感じていました。

そんなときにWSLの記事を見て、これならいけるかもと思い、試してみることにしたのです。

WSL2になり、制約が小さくなったとのことでこちらを試してみることにした

ディストリビューションはubuntuにしました

使い慣れているのは、CentOS、FedoraといったRedHat系なのですが、Linux BoxではUbuntuを使っていたのと、WSLではデフォルトになっているためです。

WSLはインストールや起動が早くていいなと思いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください