カテゴリー
調べもの

SQL 2016 LocalDB続き

2014 LocalDBとインスタンス名が同じということで共存している場合にアップグレードされたりするのかと期待しましたがそれはないようでした。
sqllocaldb info mssqllocaldbとして情報を見ると
バージョンが12.0と出たので2014のままでした。

それなら、2014を消したらいけるのかと思って2014をアンインストールして
sqllocaldb info mssqllocaldbとすると、sqllocaldbが見つからないということに。
確認してみるとファイルは存在するがパスは通っていない。
2014のときは、通してくれたんですが。

気を取り直して、確認すると、LocalDBが起動しませんでした。
2014のDBだと起動しませんでした。
まあ、これは予想範囲内だったので、フォルダごとリネームして再度確認すると起動しました。

カテゴリー
調べもの

SQL Server 2016 Express LocalDB

をインストールしてみた。
LocalDBをインストールするmsiを入手するのにExpressのexeから
メディアのダウンロードを選択してダウンロードする形なので
今までのように簡単にという感じではなかった。

インストールした環境には2014 LocalDBも入っていたのでインスタンス名がどうなるのかというのが気になった。

2012のv11.0というバージョン番号が入った名前から2014のときにMSSQLLocalDBとなったので
これからは、MSSQLLocalDBという名前でいくのかなと思った。

sqllocaldb infoで存在するインスタンス名を見るとMSSQLLocalDBだけだったので、やはりMSSQLLocalDB固定でいくようだ。