ubuntu

メインで使っているディストリビューションは、RedHat系のCentOS(このサイトはFedora)なのですが、CentOS 8でいままでのRHELクローンという位置づけではなくなってしまいました。

RHELクローンでなくても使えるかな?と思いながらStreamを試していましたがどうなんだろうか?という疑問が晴れなかった。

あと、CentOS 6、7で感じていたパッケージのバージョンの古さ(安定しているのだろうが)のゆえに結局アンオフィシャルのパッケージを入れなければならないという悩み。

それらを考えると使用するディストリビューションの見直しもしないといけないのかな。と思った。

そこで思ったのがタイトルのubuntuである。

まえに、LIVAに入れるために少し使ったディストリビューションだ。

CentOS、FedoraではLIVAにはインストールできなかったがubuntuはあっさり入った。

環境などの対応が広くパッケージのバージョンも新しいものが選ばれている印象がある。

試しに環境を構築していこう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください